616: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)11:20:25 ID:bnM

信号待ちしている横断歩道の反対側の道沿いにある家で、夏掛け布団みたいなものを家人が今まさにベランダに干しているところだった。

風が結構強いのに危ないなと思っていたら位置を直している最中に突風が吹き夏掛け布団が吹っ飛んだ。

幸いにも布団が落ちたところに通行人はなく、反対側で信号待ちしていた人が取り押さえたので車道にも影響はなく一安心。

でも道路の反対側のこちらでは自分含めた4人ほどが「布団が…」「布団が…」と呟いてた。

その先を言っていいものかどうかみんな悩んでいたんだと思う多分。




617: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)11:36:59 ID:RG9

布団がふっとんだ…

618: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)11:38:02 ID:8A6

>突風が吹き夏掛け布団が吹っ飛んだ。

言っちゃってらw


619: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)13:16:24 ID:bnM

>>618

その場で言う勇気はなかったw


620: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)13:27:38 ID:tIg

よく聞く親父ギャグだけど、実際に布団が飛ぶ場面に遭遇したら言いにくいもんなのかw

621: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)14:16:11 ID:bos

その場に自分一人しかいない、もしくは家族や友達が一緒にいればつい言ってしまうかも

というか絶対言う!


622: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)14:17:31 ID:fQX

>>620

むしろ、よく聞く親父ギャグだからこそ、みんな言うのをためらったのではないだろうか


引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】